避妊方法として確実なのは低用量ピルを服用されることをお勧めします。こちらでは低用量ピルの正しい服用方法や効果などについてご紹介していきます。また低用量ピルだけで避妊対策するのではなく、コンドームも装着して確実に避妊しましょう。

ピルを服用
  • ホーム
  • 避妊時に低用量ピルを飲み忘れたら

避妊時に低用量ピルを飲み忘れたら

たくさんの薬

妊娠を望まない場合に行う避妊には様々な方法があります。
中でも低用量ピルは避妊の失敗率が低く、女性が主体で行うことができるということで利用者の多い方法です。
この低用量ピルは、薬で排卵を抑えて妊娠しないようにする薬です。
低用量ピルには21日タイプと28日タイプの二種類があります。
1日1錠薬を飲みますが、21錠タイプの方は7日間の服用休止期間があり、休止期間が終了した後新しいシートの薬を飲むようにします。
28日タイプの方は最後の7錠はプラセボ錠です。1日1錠を飲み、1シート飲みきった後で新しいシートの薬を始めます。
21錠タイプの場合は服用休止期間中に、28日タイプの方はプラセボ錠を服用している間に生理のような出血があります。
低用量ピルを初めて使用する場合には、通常は生理の初日から飲み始めることが一般的です。
飲み忘れ防止などのために生理の始まった最初の日曜日から飲む方法もあります。
しかし、最初の日曜日が生理の初日と重なることはまれです。
その場合、1周目に関しては他の避妊法と併用する場合があります。
低用量ピルを使用していく上で大切なことは、確実な避妊効果を得るために飲み忘れないということです。
毎朝起きたらすぐに飲む、あるいは就寝前に飲む、アラームで知らせるようにするなどして確実に毎日の生活リズムの中に取り入れるようにしましょう。
低用量ピルを決められた時間に飲み忘れた場合にはその日の分は必ずその場で服用しましょう。
もし前日に飲み忘れてしまい、飲み忘れた分が1日分であれば昨日の分を気づいた段階ですぐに飲みます。
当日の分の錠剤は予定通りに飲みましょう。
飲み忘れが二日以上に渡ってしまった場合には必ず医師に報告します。

関連記事