避妊方法として確実なのは低用量ピルを服用されることをお勧めします。こちらでは低用量ピルの正しい服用方法や効果などについてご紹介していきます。また低用量ピルだけで避妊対策するのではなく、コンドームも装着して確実に避妊しましょう。

ピルを服用
  • ホーム
  • 救急的に避妊薬を服用して膀胱炎になった時は病院へ

救急的に避妊薬を服用して膀胱炎になった時は病院へ

病院を薦める女性

様々な付き合いの中で、性交渉を行う状況になることはあると思いますが、事情によっては妊娠を望まないということはあるでしょう。
妊娠したくないというときには、男性が避妊具を装着してから性交渉をすることが良いと言えますが、女性側のリスク回避の方法としては医薬品であるピルを服用する方法があります。
ピルは医療機関などを受診することで処方してもらえる避妊薬で、性交渉をしたときでも服用しておくことで、妊娠することを回避させることが可能になります。
救急的な理由で避妊したいときには、アフターピルという種類の避妊薬がありますので、性交渉を行ってから72時間以内にアフターピルを服用することで避妊できます。
危険日にセックスをしてしまったときには、アフターピルが有効性が高く、救急に避妊することが可能です。
アフターピルを服用してから、12時間後に同じ量のピルを服用することになります。
ピルは女性のホルモンに影響を与えることで、排卵を抑制させる効果が得られる医薬品です。
アフターピルを服用した人の場合には、個人差によっては膀胱炎の症状を訴える人がいると言われています。
ピルを服用した際に発症する副作用として、膀胱炎の症状は医学的には解明されていませんが、服用することによって排尿がしにくくなったり、残尿感を感じるようになったときには医者に相談することが大切です。
ピルは医薬品である以上は、服用を継続していく中で何らかの影響が身体に生じる可能性がありますので、体調が不良になったときには速やかに医者に相談をして、服用を止めることも検討しなければなりません。
高い確率で避妊を達成したい理由があるときには、男性側にも協力をしてもらってコンドームを付けた上での性交渉を行うことを心掛けたほうが良いと言えるでしょう。

関連記事