避妊方法として確実なのは低用量ピルを服用されることをお勧めします。こちらでは低用量ピルの正しい服用方法や効果などについてご紹介していきます。また低用量ピルだけで避妊対策するのではなく、コンドームも装着して確実に避妊しましょう。

ピルを服用
  • ホーム
  • 低用量ピルの副作用が心配な方へ

低用量ピルの副作用が心配な方へ

笑顔の女性

確実に避妊をしたいのでピルを試してみたいけれど、副作用が心配と感じている方も多いのではないでしょうか。
ピルは、毎日欠かさず服用すれば、確実に避妊することができます。
時期的にどうしても妊娠したくないと考えているときには有効な選択肢の一つと考えられます。
現在では、成分の量が多く含まれている高・中用量ピルと比べると、低用量ピルは、副作用が出にくいといわれています。
さらに、最近では、低用量よりもさらに成分の含有量を少なくした超低用量ピルも使われるようになりました。
超低用量ピルの場合、避妊効果が記載されていないものもありますので、クリニックで処方してもらうときに医師に相談するのがおすすめです。
ピルの副作用がどうしても心配という場合には、コンドームを使用したり、基礎体温をつけることで、確実とはいえなくても、ある程度の対策をすることができます。
ピルは、避妊以外にも月経困難症の症状を緩和したり、子宮内膜症の治療や、月経過多などでもよく用いられます。
病気の治療が目的の場合には、ピルを服用することで高い効果が期待できますので、医師のアドバイスのもとで治療を進めるとよいでしょう。
高・中用量ピルの場合、血栓症や心筋梗塞など深刻な副作用が報告されるケースもありましたが、低用量ピル・超低用量ピルの場合には、こうした副作用のリスクは低いといわれています。
その一方、低用量ピルや超低用量ピルであっても、服用を始めてから1か月から2か月程度の間は頭痛や吐き気、倦怠感のほか、不正出血などが起きることがあるとされています。
一般的にはこうした症状は徐々に和らぐとされていますので、不安な点は医師に相談しながら服用するとよいでしょう。

関連記事