求人広告代理店の営業としてすべき仕事とは

求人広告代理店の営業の基本的な仕事

求人広告代理店で営業として働く場合、基本的な仕事は大きく分けて三つになります。一つ目が新規顧客開拓です。求人広告に原稿を掲載する会社やお店を探すことになります。二つ目が原稿の作成で、こちらは別の専属部署が設けられている場合があるので、一概に営業の仕事とはいえません。三つ目がアフターフォローであり、開拓した顧客が広告掲載期間を延長してもらえるように交渉をしたり、求人に関する疑問点があった場合にフォローをすることになります。

新規開拓は数を打つこと

顧客を新規開拓していくためには、電話を用いたテレフォンアポイントや、アポイントもなしに会社やお店に行く飛び込み営業、そしてチラシやリーフレットを配る方法などがあり、他にも顧客から紹介されたり、顧客の側から連絡がきたりと方法は様々です。より多くの顧客を得ていれば売上に直結するので有利であるといえます。とはいえ新規顧客を開拓するのは並みの作業ではなく、膨大なアポイントの中から実際に制約につなげられるのはごく一部なので、より多く連絡を取る必要があります。

アフターフォローが次につながる

求人広告に原稿を掲載する場合は、期間が設けられており、契約期間が過ぎれば掲載されなくなってしまいます。そこで営業は、引き続いて原稿を掲載してもらえるかどうか交渉をすることになり、仮に交渉がうまくいけば追加料金を得ることができます。こうしてアフターフォローをしていけば新規顧客を開拓していく手間が省ける場合もありますので、既存顧客を大切にする必要があるのです。より長く、そしてより良いプランで掲載してもらえるように工夫をしていく必要があるのです。

代理店はブランド品などをブランドから直営で仕入れているお店であり、このお店に行けばそのブランドの商品をすべて購入することができます。